さあ旅に出かけよう
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

塩飽本島観光案内所が2015年3月31日で閉所

150325_DSC_2235.JPG
レンギョウのバックにボケて見えるのは、順調に育っているタマネギです。
春です。
ゆすら梅は小さな木に、いじらしいほどたくさんの花をつけています。
今年、ユリにチャレンジしています。芽が出てきました。
うまくいけば、道路のそばに20本程度咲くはずです。

畑の作業が始まります。
本鷹唐辛子からスタートし、ひまわり、コスモスと種まきします。

今年は4月22日水曜が、塩飽本島のお大師まいりです。
400年以上の歴史と伝わる1日限りの島遍路です。
我が家でも、ささやかなお接待を出します。

塩飽本島観光案内所が閉所だそうです。
私は3年前まで詰めて、島おこし活動をしていました。
自立する観光案内所を目指した活動が、島の権力者(と自認する人)に
「目障りだ」とクレームをつけられて、離れました。
その後は、島ガイドの一人としての活動と、
個人的に観光花畑や、タマネギ、本鷹唐辛子等の栽培をしています。

結果的には、塩飽大工の研究をする時間ができて幸いでした。

私個人の活動には全く変更はありません。ガイドも頑張ります。
本島のホームページは、別の方が継続メンテナンスしてくれます。
私のブログ、Facebookも変わることなく継続しています。

春霞の瀬戸内海は最高です。塩飽本島へお越しください。
塩飽本島ではガイドを依頼しましょう。
人数にかかわらず2時間程度で2000円ですが、
この島が特別なところであることを実感していただけるはずです。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

kkk

本島では生活が出来ませんね。
家の修理をしたくても来てくれる大工さんさいいません。
「壁や屋根を治してやろう」って言ってくれる業者すら居ない。

定年になったが戻って暮らす・・・とんでもないね。^^
近いうちにお墓も移そうと考えてるくらいです。

なんで・・本州から戻るのに瀬戸大橋の高い運賃を使って、
丸亀からフェリーなんでしょう?
前の様に下津井から日に3本しか無くてもフェリーが有った時代はまだましです。

こんな事を愚痴ってもしょうがないですが、
島での生活は絶対に無理でしょう。
by kkk (2016-02-27 17:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。